糖尿病とアルコール

 

 

糖尿病を発症する原因の1つとしてアルコールを摂取する生活習慣というものがあります。
同僚や上司との付き合い、接待といったものも仕事のうちとして身体にアルコールをたくさん摂取しなければならない、という方も少なくないでしょう。

 

たしかにアルコールを摂取することも仕方のないことかもしれませんが、だからといって過度に飲酒を続けていると、糖尿病を発症しやすくなってしまいます。
では、どうしてアルコールの摂取が糖尿病につながるのでしょうか。

 

まず、アルコールというのはそもそもカロリーが高いです。
そしてアルコールを摂取すると同時に食べるつまみは塩分が高くカロリーが高いですよね。

 

さらにアルコールを摂取する時間帯というのは夜遅くになることも多いですので、中性脂肪に直結しやすくなってしまうのです。
このように、過度のアルコール摂取というのは肝臓に大きな負担がかかってしまうのです。

 

これが、アルコールが糖尿病を引き起こす原因となっているのです。
アルコールには血糖値を下げる働きがありますので、糖尿病においても効果的だと考えてしまいます。
しかし、例え血糖値を下げる働きのあるアルコールとはいっても、飲み過ぎや食べ過ぎをしてしまうと良いことは何一つとしてありません。