糖尿病の症状悪化とストレス

 

 

糖尿病とストレスというのは血糖値も関係して症状を悪化させやすくなります。
ストレスを受けると、いくつもの要因から身体を守ろうとホルモンが異常な働きをしてしまいます。
心拍数、血圧を上昇させることで身体的な変化が起こるようになるのです。

 

そして、体の機能を保つため、筋肉の動きをよくするために血糖値を上昇させます。
ストレスは精神的な苦痛の原因となってしまうことはもちろんですが、同時に身体を一種の興奮状態にしてしまいます。
その結果、血糖値を上昇させてしまってストレスによって糖尿病を発症させやすくなってしまうのです。

 

一時的なストレスではなくストレスを慢性的に感じているような場合には血糖値が高い状態が続いてしまい、本格的な糖尿病を発症してしまうようになります。

 

ストレスが原因となって糖尿病を発症する方というのは非常に多いです。
一見すると正常な生活をおくっている場合であっても、体内においては非常に大きな問題が起きていることもあります。

 

まさかストレスとは思っていなくても、気づいていないうちにストレスを感じていることもありますので、糖尿病を悪化させないようにするためにも、どのようなことがストレスになっているのか、ということも一度考えてみるのが良いでしょう。